鈴木慶一さんのお誕生日なのだ!

今日は鈴木慶一さんの55歳のお誕生日なのだ。。。

55歳。。。あの慶一さんが。。。55歳。。。(しつこい-_-メ)

自分自身が慶一さんのファンになった頃の年齢を超えてしまったんだもん。。。仕方あるまい。。。

細野さんも来年は還暦。。。(無言。。。)

幸宏くんは54歳。たかじんはお誕生日まだだけど今年57歳。

何だか月日の経つのが早いな~~~

でもみなさん今も第一線で活躍されている。。。すごい!!

ムーンライダーズだってまだやってるぞ~~~

年をとるほどに慶一さんが篠田さんや嘉葎雄さんに似てくるな~と思うのは私だけでしょうか???

兎にも角にもお誕生日おめでとうございます☆彡

宜しかったら慶一さんのブログ【我がメンテナンスの日々】を読んでくださいませ。

http://d.hatena.ne.jp/suzukikeiichi/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サディスティック・ミカ・バンド三度(みたび)復活V(≧∀≦)V

サディスティック・ミカ・バンドが復活~~~!!

2月に日記で“活動してほしいな~”って言ってたら現実になっちゃった♪

CMと同様木村カエラさんとのコラボでその名も

Sadistic Mica Band Revisited
(サディステック・ミカ・バンド・リヴィジテッド)

まずは10月25日にアルバムNARKISSOS (初回限定盤)(DVD付) をリリース。

2007年にはあの井筒和幸監督による再結成のドキュメンタリー映画が公開される予定。

そして今回のアルバムに収録される楽曲のプロモーション・ビデオの撮影を、8月30日に都内某所にてライヴ仕立てで行うことが急遽決定! オフィシャルHPでは現在参加者を募集中。。。だそうです!(8月25~27日)

Image8

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第七回 現代日本オーケストラ名曲の夕べin福岡

今日は水曜日なのでいつも通り「TVガイド」を購入。
いよいよ「花嫁は厄年ッ!」も来週からですね。。。
でも、何だか志麻さんの露出が少ない。。。ちょっと寂しい。。。
来週号も篠原涼子さんとやべっちの対談。。。かなり寂しい。。。
もうちょっと志麻さん・・・前面に出られるのかと思ってました。。。(ノ_・、)クスン

さて過日・・・

20060629110946

このようなポスターを駅で発見!

“あっ!伊福部さんと池辺さんのお名前だ!”
“交響曲第5番シンプレックス???”
“この曲ってもしかして『スパイ・ゾルゲ』の???”


家に帰って確認してみると・・・やっぱりそう!
私の大好きな「2.26前夜」は「交響曲第5番シンプレックス」の第3楽章。
篠田さんの引退作品『スパイ・ゾルゲ』のサウンドトラックは池辺晋一郎さんが担当。
篠田さんのリクエストでオリジナルに書き下ろされたのではなく、以前作曲されていた「交響曲第5番シンプレックス」と「交響曲第6番個の座標のうえで」を使用。
それが驚くほどオリジナルに作られたといって良いほど映画にマッチしているんです。

その曲をオーケストラで聴ける!!!

こんなチャンス2度とないかも。。。と思いチケットを購入。
そして行って参りました。。。
場所はアクロス福岡シンフォニーホール。
福岡では福銀のコンサートホールと並んでクラッシック音楽の聖地です。
いや~、考えてみると生でクラッシックなんて初めてのような気がします。。。
初めて足を踏み入れる独特の空間。
今まで行ったコンサートとはまるで違う客層。。。
ひとり栃麺棒を振っていると何と目の前に生池辺さん。。。こちらもテレビで見るまんまでした。

コンサートは先日亡くなられた指揮者の岩城宏之さん、同じく指揮者の佐藤功太郎さんの追悼をこめてバッハの「アリア」で始まりました。
前半は…(廣瀬さんの短いレクチャーあり)
伊福部昭 交響譚詩より第一楽章
廣瀬量平 朝のセレナーデより第一楽章
矢代秋雄 ピアノ協奏曲  ピアノ:花房晴美
短い休憩のあと
後半へ突入(池辺さんと新実さんの短いレクチャーあり)
池辺晋一郎 交響曲第五番シンプレックス
新実徳英 風神・雷神大和太鼓、オルガンとオーケストラのための  太鼓:林英哲 オルガン:鈴木隆太

一曲一曲終わるたびに激しい曲にステップアップしてるよう。。。
後半に入り、いよいよ池辺さん登場!
レクチャーで相変わらずおやじギャグを飛ばしてました(~_~;)
でも、『スパイ・ゾルゲ』のことは何も言ってくださらなかったな。。。残念。
で、いよいよ演奏が始まります。。。
第一楽章・・・『スパイ・ゾルゲ』では「ドキュメント」として収録。
第二楽章・・・『スパイ・ゾルゲ』では「アグネス・スメドレー」として収録。
第三楽章・・・『スパイ・ゾルゲ』では「2.26前夜」として収録。

第三楽章、やっぱりはよかった(*^_^*)
反乱軍の逸る気持ちがすごくよく音楽に現れてるのよね。
かき立てられるというか。。。
木琴の音が何とも言えずいいんです♪
「交響曲第6番個の座標のうえで」もで聴いてみたいな。

次の「風神・雷神」は林英哲さんの和太鼓がメイン。
お腹の底に和太鼓の音が響きます。
もう自然に力が入り手に汗握りましたよ。。。

とても癒された素敵な時間でした。
行ってよかった!!
武満さんや早坂さんの曲も生で聴いてみたいと思いました。

映画「スパイ・ゾルゲ」オリジナル・サウンドトラック Music 映画「スパイ・ゾルゲ」オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ,東京混声合唱団
販売元:カメラータ東京
発売日:2003/05/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

25005



「交響曲第五番&第三番」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、癒されている音楽

久々に日記書いたのに全部消えちゃった。。。ショック(>_<)
福岡は梅雨入りしたというのに初日にそれらしい雨が降った程度。
毎日蒸し暑くカンカン照りで溶けてしまいそう。。。
でも明後日は大雨だとか。。。このギャップが恐ろしい。

こんな時季ですからとにかく体がしんどい。。。
お尻に根が生えたようです。
そんな私が最近好んで聴いているアルバム。
それは・・・

短くも美しく燃え〜ムーンライダーズ・ベスト1999-1996 Music 短くも美しく燃え〜ムーンライダーズ・ベスト1999-1996

アーティスト:ムーンライダーズ,矢野顕子
販売元:ファンハウス
発売日:1997/12/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

このなかの「ニットキャップマン」という曲が聴きたくて。。。
確か「ニットキャップマン」はムーンライダーズ結成20周年に作られた曲。
この曲のミュージックビデオをムーンライダーズフリークの岩井俊二監督が『毛ぼうし』と題して制作。
ぼくを作詞を担当された糸井重里さんが、フジオさんを塩見三省さんが演じてらっしゃいました。慶一くんも文豪で登場。慶一くんはよく岩井作品にも出演されていますよね。
あの独特の慶一くんの声。。。くせになるんですよね~(^^ゞ

そしてもう一枚・・・

Mr.TECHIE&MISS KIPPLE Music Mr.TECHIE&MISS KIPPLE

アーティスト:立花ハジメ
販売元:Sony Music Direct
発売日:2005/10/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「テッキーちゃんとキップルちゃん」。
「H」と「Hm」とこの独特な世界が好きだったな~。
ハジメちゃんは独特なキャラだけど才能はすごいの。

1980年代、YENレーベルのアーティスト・・・そこに繋がるアーティスト。
最高にかっこよかったな~(*^_^*)
今、続々と復刻盤が発売されていてうれしい♪
(でも、おぜぜが・・・(;O;)
う~ん、癒してもらってるからよしとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「Crystalia」

昨年3月、篠田さんと志麻さんの応援サイト「栃麺棒倶楽部」を一時閉鎖するまでずっとTOPで流していた曲を覚えてらっしゃるでしょうか?

アーティストの逆凪 諒 (さかなぎ りょう)さんが立ち上げていらっしゃるWEBサイト『遠来未来(えんらいみらい)』でMIDI形式で配信されていた「光源世界-オルゴール-」という曲でした。
本当にこの曲が大好きで携帯メールの着メロも
「光源世界-オルゴール-」なのです。
(ちなみに携帯電話の着メロはのろさんから教えていただいた「夏の日の恋~summer time~・テーマ」です。)

この曲と出合ったのはやはりどなたかのサイトで流れていたのだと思います。
ひと耳惚れと申しましょうか・・・もう一発でノックアウトでした(^^ゞ
先週、久々にサイトにお伺いしたところ・・・

なっ、ない!(゚□゚ )

「光源世界-オルゴール-」が無くなってる・・・(/_;)

何と!逆凪さんの全国流通アルバム「Crystalia」「光源世界」が収録されたためにJASRACに登録されWEB上で使用できなくなったのです。

やった~\(^O^)/

WEB上では聴くことができなくなったけどCDに収録されることが私の願いだったのでもう夢のようです。
実は母の視床痛にもオルゴール療法が効果あり・・・ということで逆凪さんに密かにお願いしてみようかと思ったくらいです。
もう、即行GETですよ(^O^)
今は毎日このアルバムを聴いて心癒されています。
オススメの作品です。

714



「Crystalia」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ロンリー・ハート」

1960~70年代に一世を風靡した、グループサウンズ「ザ・カーナビーツ」「ザ・ゴールデン・カップス」や「クリエーション」などのバンドでドラマー兼ボーカルとして活躍したアイ高野さんが1日に急性心不全のため死去していたことが3日、分かった。55歳だった。高野さんは先月21日に体調の不良を訴え入院。一度は持ち直したものの容体が急変し、帰らぬ人となった。(サンスポ)

アイ高野さんの急死、ビックリしました。

先日も松本竜助さんが亡くなったばかりで・・・。
本当に最近は若い人の死や突然死が多くて辛い。
久世光彦さんや宮川泰さんはある程度年齢はいっているものの急死というのはやはり驚く。
ましてや松本竜助さんや今度のアイ高野さんのように働き盛りの死はせつな過ぎる。

アイ高野さんといえばやはりグループサウンズでの活躍が有名だけど私にとってはクリエーションのアイ高野さん。
クリエーションといえば80年代にTV放映された藤竜也さんと草刈正雄さんがコンビを組んだ探偵もののドラマ「プロハンター」の主題歌「ロンリー・ハート」を歌ってました。
クリエーションの曲はこの一曲しか知らないけれどアイ高野さんの高音と共にいまだに忘れられない一曲です。
ご冥福をお祈りします。

ロンリー・ハート+2 Music ロンリー・ハート+2

アーティスト:クリエーション
販売元:東芝EMI
発売日:1997/11/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度のキリンラガービールのCM

明日から3月というのにまたまた寒が戻っちゃいましたね。
みなさま、体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

それにしても不思議です。
一向に体調はよくならないのですが、まったく何もしたくない時ときつくて仕方ないのに日記を書き込みたくて仕方ない時と・・・まったく矛盾してますね(^^ゞ
今はとっても日記が書きたいんです!

さて今日初めて見たんだけど、今度のキリンラガービールのCMはサディスティック・ミカ・バンドの「タイムマシンにおねがい」篇と寺尾聰さんの「ルビーの指輪」篇。

もう!懐かしいですO(≧∇≦)Oキャー!
どちらもLP&CD持ってま~す☆ミ
ミカ・バンドはオリジナルメンバーではなく17年前に桐島かれんをヴォーカルに迎え「Boys&Girls」で再結成された時に。寺尾さんは西部警察の流れで「ルビーの指輪」が流行った時に。

ミカ・バンドは再結成されるまで伝説のバンドだったよね。
トノバン(加藤和彦)をはじめ高中正義、高橋幸宏、小原礼とあと後藤次利と錚々たるメンバー。
私はYMOのファンだったので幸宏がいたミカ・バンドもそして細野さんを中心としたはっぴいえんどティン・パン・アレイなど伝説の日本の最古参ロックバンドの名曲をたくさん聞きました。
鈴木慶一さん率いるはちみつぱいの流れを汲むムーンライダーズはいまだに活動してるんだから凄い!の一言に尽きます。

ミカ・バンドと言えば何と言っても不朽の名盤2ndアルバム『黒船』でしょう。
今回CMで流れている「タイムマシンにおねがい」もこのアルバムに収められています。
私が持っているのは再販のLPですが今でも私の宝物の一枚です。
今回は木村カエラさんをヴォーカルに迎えての再々結成。
CMの中だけでなくいろんな活動をして欲しいな~o(^∇^)o ワクワク

黒船 Music 黒船

アーティスト:サディスティック・ミカ・バンド
販売元:東芝EMI
発売日:2003/06/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (1)

武満徹さんの映画音楽

オリジナル・サウンドトラックによる 武満徹 映画音楽 Music オリジナル・サウンドトラックによる 武満徹 映画音楽

アーティスト:映画主題歌
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2006/02/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今年は武満徹さんの没後10年と言っておきながらitou様に教えていただくまで未チェックでございました・・・反省。。。

今回発売されたのは1990年~91年にかけてシリーズ発売された『武満徹の映画音楽1~6』の復刻盤と特典盤1枚を含む計7枚のCD-BOXです。

Takemitu2

『武満徹の映画音楽2』は篠田正浩監督作品篇で

1化石の森 2沈黙 3美しさと哀しみと 4暗殺 5異聞猿飛佐助 6はなれ瞽女おりん7あかね雲
の7曲が収められています。

この1枚を持っていて重なるので今どうしようか迷っているところです。
以前小学館から発売されたほうも欲しいのですがかなり高額なので二の足を踏んでいる状態なんです。。。
ただ・・・特典盤が欲しいのよね~・・・。
新しく『桜の森の満開の下』が収録されているし武満さんの対談も収められているし・・・そこには『乾いた花』の文字も。

う~ん、またまた悩む日々(/´。`\)ナヤム、、、

thanks itou様

| | コメント (4) | トラックバック (1)

伊福部昭さんの訃報

またやってしまったのだ・・・(T_T)

文章が全部消えてしまった。。。

最近すぐパソコンが不具合を起こすの・・・。

だいぶ日記書いてたのにな~凹んでしまう。。。

「ゴジラ」などの映画音楽、北海道の原野を思わせる雄大な民族色豊かな交響的作品などによって幅広い人気を持つ作曲家、伊福部昭(いふくべ・あきら)さんが8日、東京都目黒区内の病院で死去した。91歳。(毎日新聞)

今、西村先生の「黒澤明と早坂文雄 風のように侍は―」(筑摩書房)を読んでいて昨夜ちょうど“生涯の友と出会う日”という件を読んだばかり。

この本は黒澤さんと早坂さんのことを交互に書いていて“生涯の友と出会う日”は早坂さんの項。そして生涯の友とは伊福部昭さんのことなのです。

日本を代表する二人の作曲家・・・日本映画音楽の礎となった二人の作曲家が北海道という土地で青春時代を一緒に育んでいたなんてすごいことですよね。

でも私が伊福部さんを知ったのはゲルニカというグループを知ってからでした。

もちろん『ゴジラ』の音楽など自然と耳にした曲はありますがそれが伊福部さんの作曲とは知りませんでした。

ゲルニカとはヴォーカル担当の個性派女優の戸川純さん、作曲担当の上野耕路さん、作詞・美術担当の太田螢一さんで組まれていた音楽ユニットです。

当時YMOのファンだった私は\EN友会というファンクラブに入っておりました。

その\EN友会の会報にははYMOだけでなく立花ハジメ、サンディー&サンセッツなど\ENレーベルに所属するアーチストの情報がはいってました。そしてゲルニカ\ENレーベルに所属していたのです。

このゲルニカの上野耕路さんが伊福部さんに指示を仰いでいたので伊福部さんのお名前を知ったわけなのです。

伊福部さん享年91歳。早坂さん享年41歳。半世紀の時を超え今、久々に楽しく語り合っていらっしゃるでしょうか。。。

伊福部さんのご冥福をお祈り致します。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

武満 徹 メモリアルコンサート

「武満 徹  メモリアルコンサート」

 日時:2006年2月3日(金)  19:00開演
 会場:札幌コンサートホールkitara 小ホール
 料金:S5,000円、A4,000円、学生A2,000円
 出演:お話/篠田正浩(映画監督)、池辺晋一郎(作曲家)
     お話、ギター/佐藤紀雄
          フルート、アルトフルート/木ノ脇道元
 プログラム:<第1部>鼎談「武満 徹について」
                  お話/篠田 正浩、池辺 晋一郎、佐藤 紀雄
                  <第2部>演奏~ギターとフルートによる
                  武満 徹:海へ
                  ピアソラ:タンゴの歴史
                  <第3部>鼎談「武満 徹と映画音楽」
                  お話/篠田 正浩、池辺 晋一郎、佐藤 紀雄
 お問い合わせ:Kitaraチケットセンター TEL(011)520-1234

※とっても気になるプログラムですが何せ札幌・・・(^_^;)お近くの方はどうぞ☆ミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)