日本 歴史占い

またまた面白い占いを見つけちゃいました(^O^)
それは日本 歴史占いです。

早速占ってみたところ、私は

吉野太夫

でした。

理想の自分を心中高く掲げて日々努力する人です。話術に長け、相手の呼吸を的確に読んで間をとり、相手を魅了。その裏にあるのが、強大な自尊心。相手にどう見られているのかを過剰に意識しています。(略)ただ、飽きっぽいので注意。
何事も優先順位をつけて段取りよくこなせるタイプ。
自意識過剰な言動が、そのまま個性になっている。「ホメて!」と顔に出ているので、ある意味、わかりやすくていい人。
理想を目指してガンバッテいる自分と、高い理想に押しつぶされそうなもう一人の自分が常に戦っている。心の揺れが大きいので、そのスキにつけ入られて痛い目にあうこともある。
いいナと思ったこと、自分にプラスになりそうなことにはすぐに飛びつく。趣味・習い事などは数限りなく遍歴するタイプ。飽きっぽいだけだが、それを悪いとは思っていない。”

大体こういうことが書かれていました。
下線をひいてるところがあっているとこでしょうか・・・(^_^;)

努力しないしな。。。段取り悪いしな。。。
まあ、絶世の美女ということで“よし!”としましょう。

ちなみに・・・

志麻さんを占ってみますと・・・

出雲の阿国

でした。

結婚された京都・大徳寺高桐院には出雲阿国のお墓があるし、志麻さんと出雲阿国・・・何か繋がるものがあるのでしょうか?

篠田さんは

大石内蔵助

でした。

| | コメント (6) | トラックバック (1)