« 映画『泥の河』 | トップページ | 「現代の詩歌と書の世界」展で篠田さんの講演 »

今平さんまで…

何だ!何だ!何だ!
夕食の支度をしていたら今村昌平監督死去の速報が・・・。
何だか最近訃報ばかり。。。哀しい。
高廣さん…そして昨日も米原万理さんと岡田眞澄さんの訃報を耳にしたばかりなのに。

今村監督と言えばカンヌ映画祭で『楢山節考』と『うなぎ』で最高賞パルムドールを受賞。
パルムドールを二度受賞したのは日本人監督では今村監督ただ一人。
折りしも今年のカンヌ映画祭が終了したばかりです。

私は今村監督作品はあまり拝見してないかな~。
パッと思い出すのは『赤い殺意』『復讐するは我にあり』そして『楢山節考』…かな。
あと嘉葎雄さんが出演された『赤い橋の下のぬるい水』。
どの作品も粘り強いというかねちっこい…そしてエネルギッシュ。
そんな感じだった。

今村監督は撮影所が崩壊し始めた頃から後進の指導にも力をいれ、横浜放送映画専門学院(のちの日本映画学校)を設立されました。

あと思い出すのは北村和夫さんとの小学校からの長~い長~い友情。
その後大学になってからは小沢昭一さん、加藤武さんなども加わって。
いつも楽しいお話を聞かせていただきました。

嗚呼、また一人日本を代表する映画人がいなくなってしまった。。。寂しい。
享年79歳。早すぎるよ。。。ご冥福をお祈りいたします。

|

« 映画『泥の河』 | トップページ | 「現代の詩歌と書の世界」展で篠田さんの講演 »

コメント

今平さんは、不死身というイメージだった
のですが・・・。
ご冥福をお祈り致します。

投稿: 哲 | 2006年6月 1日 (木) 23時19分

★哲さん こんにちは。

ほんとうに。
胃潰瘍で吐血しても翌日には撮影をしていらしたそうですから…。
あともう一本…残念です。
合掌。

投稿: 栃麺坊 | 2006年6月 2日 (金) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25948/2000595

この記事へのトラックバック一覧です: 今平さんまで…:

» 今村昌平監督亡くなる■あの汚名を挽回して欲しかった! [映画と出会う・世界が変わる]
カンヌ映画祭では、役所広司が出演している「バベル」は監督賞を、ケン・ローチの「バーレーを揺らす風」がパルム・ドール賞をそれぞれ受賞したというニュースに接した直後に、カンヌ映画祭には極めて縁の深い今村昌平監督の訃報。1958年の監督デビュー以来、20作品...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 1日 (木) 23時19分

» 今村昌平監督まで逝く [邦画ブラボー]
骨太・・今村作品を見るといつも頭に浮かぶ言葉だ。 たくましく図太い女・・もよく登場する。 『楢山節考』「にっぽん昆虫記」「赤い殺意」 「復讐するは我にあり」 「神々の深き欲望」「うなぎ」 など名作を次々撮った。 岡田真澄さんも出演していた「幕末太陽傳」では助監督を務め 脚本も書いている。 深刻な話に突き抜けたユーモアが感じられる作風が好きでした。 監督としてはもちろん、 脚本家としてもすごい才能を持った方であった... [続きを読む]

受信: 2006年6月 2日 (金) 10時10分

» 現代日本映画の監督たち [蓮華の偏読書日記]
8冊目の本です。 今年に入って黒木和雄監督そしてまだ記憶の新しいところで今村昌平監督が亡くなられました。 お二方とも日本映画界の重鎮です。 金銭面など苦労を重ねながらじっく [続きを読む]

受信: 2006年6月 2日 (金) 14時15分

« 映画『泥の河』 | トップページ | 「現代の詩歌と書の世界」展で篠田さんの講演 »