« 津嘉山さんのお誕生日☆ミ | トップページ | 世界・わが心の旅(再) »

二月博多座大歌舞伎

昨日雪が降るなか月一回の病院へ。
そして雪がみぞれに変わるなかかなり足を伸ばして博多座へGO!

博多座の二月大歌舞伎は「中村鴈治郎改め 坂田藤十郎襲名披露公演」
昨日の私はまたも一幕見券で口上のみを鑑賞。
足を運べたら他の演目も見たいのですが・・・。
口上のみというのはやはり邪道でしょうね。
でもやっぱり私…口上が好きなんですね(^^ゞ

20060206122758一幕見席と言うのは3階席の端っこの一角なのですが博多座は3階でも比較的舞台がよく見れます。
スーパー歌舞伎などの宙吊りなんかもすごく間近で見れると思います。
そして“大向こう”さんの掛け声を間近で感じることが出来るんです。
今回は何だか“大向こう”さんの気合が入っていたように感じました。
人数も多かったし・・・
そして、口上の美術は篠田組でおなじみの朝倉摂さんが担当されています。
いつもどおり雀右衛門丈の口上から始まり片岡我當丈、中村魁春丈、中村東蔵丈、そして私の最大のお目当て市川左團次丈・・・何だかお客さんの期待している空気を感じました(^^)

そしてやはり出ました!私生活ネタ(笑)でも今回の左團次丈かなり噛んでました・・・プレッシャーに弱いのかな(^_^;)
左團次丈の次は中村富十郎丈、中村梅玉丈・・・この梅玉丈の口上がまるで早口言葉のように早いんです。でも左團次丈に負けず劣らず口上が面白いの。。。真面目な方かと思っていたので意外でした。
で、片岡秀太郎丈…ちょっとふっくらされました、中村時蔵丈…相変わらずお美しいです。
扇雀丈・翫雀丈のご子息2人は成駒屋から離れ山城屋となり身軽になった父をうらやみ、これからは自分たちが成駒屋を守っていく覚悟とユーモアを交えて話されていました。
最後は坂田藤十郎丈・・・艶やかです!お綺麗です!
これで上方歌舞伎は安泰・・・かな!?
ただ・・・上方の役者さんもご自宅が東京の方がほとんど。
今は片岡秀太郎丈と片岡愛之助丈のみが関西在住と聞きました。
できれば十三代片岡仁左衛門丈のように藤十郎丈も関西に住まれるといいな、と思いました。

|

« 津嘉山さんのお誕生日☆ミ | トップページ | 世界・わが心の旅(再) »

コメント

★十ウン年前、片岡秀太郎さんのおうちの近くの高校に通っていました^^ 
それもあってか、高校の歌舞伎鑑賞に大阪の歌舞伎座に行った時、秀太郎さんに「静かになさい!!」みたいに、注意されましたっけ...。「舞台の人間がお客さんに注意するなんてよっぽどなんですよ!」みたいな^^!  よっぽどうるさかったみたんでしょうね..... ごめんなさい

投稿: kon | 2006年2月 8日 (水) 08時53分

★konさん こんばんは☆ミ

秀太郎丈、お綺麗な女形さんですよね。
うちの学校は歌舞伎より狂言をよく鑑賞してました。
でもいいですね、新歌舞伎座で歌舞伎鑑賞とは。
それにしても学生時代って意味も無くやかましいですよね(笑)
この歳になるとよーくその当時の大人の気持ちがわかります(~_~;)

投稿: 栃麺坊 | 2006年2月 8日 (水) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25948/643234

この記事へのトラックバック一覧です: 二月博多座大歌舞伎:

« 津嘉山さんのお誕生日☆ミ | トップページ | 世界・わが心の旅(再) »