« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

今度のキリンラガービールのCM

明日から3月というのにまたまた寒が戻っちゃいましたね。
みなさま、体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

それにしても不思議です。
一向に体調はよくならないのですが、まったく何もしたくない時ときつくて仕方ないのに日記を書き込みたくて仕方ない時と・・・まったく矛盾してますね(^^ゞ
今はとっても日記が書きたいんです!

さて今日初めて見たんだけど、今度のキリンラガービールのCMはサディスティック・ミカ・バンドの「タイムマシンにおねがい」篇と寺尾聰さんの「ルビーの指輪」篇。

もう!懐かしいですO(≧∇≦)Oキャー!
どちらもLP&CD持ってま~す☆ミ
ミカ・バンドはオリジナルメンバーではなく17年前に桐島かれんをヴォーカルに迎え「Boys&Girls」で再結成された時に。寺尾さんは西部警察の流れで「ルビーの指輪」が流行った時に。

ミカ・バンドは再結成されるまで伝説のバンドだったよね。
トノバン(加藤和彦)をはじめ高中正義、高橋幸宏、小原礼とあと後藤次利と錚々たるメンバー。
私はYMOのファンだったので幸宏がいたミカ・バンドもそして細野さんを中心としたはっぴいえんどティン・パン・アレイなど伝説の日本の最古参ロックバンドの名曲をたくさん聞きました。
鈴木慶一さん率いるはちみつぱいの流れを汲むムーンライダーズはいまだに活動してるんだから凄い!の一言に尽きます。

ミカ・バンドと言えば何と言っても不朽の名盤2ndアルバム『黒船』でしょう。
今回CMで流れている「タイムマシンにおねがい」もこのアルバムに収められています。
私が持っているのは再販のLPですが今でも私の宝物の一枚です。
今回は木村カエラさんをヴォーカルに迎えての再々結成。
CMの中だけでなくいろんな活動をして欲しいな~o(^∇^)o ワクワク

黒船 Music 黒船

アーティスト:サディスティック・ミカ・バンド
販売元:東芝EMI
発売日:2003/06/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「徹子の部屋」そして・・・

今日は2週に一度の映画の講座の日ですから志麻さんご出演の「徹子の部屋」をリアルタイムで見ることができませんでした。

最近は何よりも体力がついていかず・・・体力が落ちると気力が落ち・・・最悪な日々を送っています。昨日もどうにも体がきつくて明日は無理かと思っていましたがどうにか大丈夫でした。唯一の息抜きですから・・・。

でも、講座に行った甲斐がありましたよん♪(*^m^)v ムフフ
西村先生から篠田さん情報をいただきました\(^O^)/
篠田さんは昨日、都内で行なわれた日本映画監督協会の創立70周年記念パーティーに出席されたそうです。とってもお元気そうだったそうですよ。
現理事長の崔洋一監督をはじめ山田洋次監督、公の場には5年ぶりの大島渚監督など錚々たるメンバーだったそうです。

さて、帰宅してから録画しておいた志麻さんの「徹子の部屋」をじっくり見ました。
志麻さん、イ・ビョンホンさんのファンなんですね。
それにしても「徹子の部屋」に出演されるといつも“紀州犬”と“鬼畜”のお話しをふられますね~(~_~;)
28年前の映像などが流れてましたが今も本当にお変わりなくお美しいですね(*^_^*)
今回の四つ葉のクローバーのお着物も「美しいキモノ」でお召しになっていた北山杉をイメージされたお着物もイエロー系(オレンジ系)がとても映えてとても素敵でしたね(#^.^#)

konさん、志麻さんのお着物姿での携帯…堪能されたかしら。。。

さて志麻さん、「あかね空」では豆腐屋のおかみさんをされるんですね。
楽しみです♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

武満徹さんの映画音楽

オリジナル・サウンドトラックによる 武満徹 映画音楽 Music オリジナル・サウンドトラックによる 武満徹 映画音楽

アーティスト:映画主題歌
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2006/02/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今年は武満徹さんの没後10年と言っておきながらitou様に教えていただくまで未チェックでございました・・・反省。。。

今回発売されたのは1990年~91年にかけてシリーズ発売された『武満徹の映画音楽1~6』の復刻盤と特典盤1枚を含む計7枚のCD-BOXです。

Takemitu2

『武満徹の映画音楽2』は篠田正浩監督作品篇で

1化石の森 2沈黙 3美しさと哀しみと 4暗殺 5異聞猿飛佐助 6はなれ瞽女おりん7あかね雲
の7曲が収められています。

この1枚を持っていて重なるので今どうしようか迷っているところです。
以前小学館から発売されたほうも欲しいのですがかなり高額なので二の足を踏んでいる状態なんです。。。
ただ・・・特典盤が欲しいのよね~・・・。
新しく『桜の森の満開の下』が収録されているし武満さんの対談も収められているし・・・そこには『乾いた花』の文字も。

う~ん、またまた悩む日々(/´。`\)ナヤム、、、

thanks itou様

| | コメント (4) | トラックバック (1)

朗報!

みなさ~ん

超~~~~~朗報です!!


志麻さん 久々の映画出演ですよ~\(≧◇≦)/キャー!


作品は第126回直木賞受賞作品・・・
山本一力さんの「あかね空」。


そ・し・て・・・(*^m^*) ムフッ


何と!脚本が篠田さんなんです☆ミ\(^O^)/ワ~イ

監督をされるのは『スパイ・ゾルゲ』で監督補を務められ「キネマ旬報」誌上で『スパイ・ゾルゲ』の撮影ルポを書かれていた浜本正機さんです。
浜本さんは以前『ekiden[駅伝]』という映画を撮られています。


いやいや…またお二人の作品にお目にかかれるなんて夢のようです☆彡

これ以上の詳しい情報はわかっていません。
わかり次第ブログに載せますね。
今回もカワサキ様、そして今季の「美しいキモノ」情報でございます。
カワサキ様、いつもありがとうございます<(_ _)>感謝・感謝でございます。
いや~ついにやけてしまいますね。。。(ヘ。ヘ)
早速、原作読まなくっちゃ♪


あかね空 Book あかね空

著者:山本 一力
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


thanksカワサキ様

| | コメント (6) | トラックバック (0)

志麻さん情報☆ミ

ご無沙汰しております。
現在、心身ともに少々疲れておりブログの更新が出来ない状態です。
しばらくは情報のみになると思います(情報も滞るかも・・・)。あしからず。

●「美しいキモノNo.215  2006年春号」(アシェット婦人画報社)
  2006年2月20日発売
  定価1850円
  “岩下志麻の想い出がたり「映画きもの暦」”

●「徹子の部屋」
  2006年2月27日(月)
  13:20~13:55 テレビ朝日系列

※カワサキ様より教えていただきました。いつも情報ありがとうございます<(_ _)>
  久々の志麻さんのトーク番組ですね\(^O^)/ワ~イ

thanksカワサキ様

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊福部昭さんの訃報

またやってしまったのだ・・・(T_T)

文章が全部消えてしまった。。。

最近すぐパソコンが不具合を起こすの・・・。

だいぶ日記書いてたのにな~凹んでしまう。。。

「ゴジラ」などの映画音楽、北海道の原野を思わせる雄大な民族色豊かな交響的作品などによって幅広い人気を持つ作曲家、伊福部昭(いふくべ・あきら)さんが8日、東京都目黒区内の病院で死去した。91歳。(毎日新聞)

今、西村先生の「黒澤明と早坂文雄 風のように侍は―」(筑摩書房)を読んでいて昨夜ちょうど“生涯の友と出会う日”という件を読んだばかり。

この本は黒澤さんと早坂さんのことを交互に書いていて“生涯の友と出会う日”は早坂さんの項。そして生涯の友とは伊福部昭さんのことなのです。

日本を代表する二人の作曲家・・・日本映画音楽の礎となった二人の作曲家が北海道という土地で青春時代を一緒に育んでいたなんてすごいことですよね。

でも私が伊福部さんを知ったのはゲルニカというグループを知ってからでした。

もちろん『ゴジラ』の音楽など自然と耳にした曲はありますがそれが伊福部さんの作曲とは知りませんでした。

ゲルニカとはヴォーカル担当の個性派女優の戸川純さん、作曲担当の上野耕路さん、作詞・美術担当の太田螢一さんで組まれていた音楽ユニットです。

当時YMOのファンだった私は\EN友会というファンクラブに入っておりました。

その\EN友会の会報にははYMOだけでなく立花ハジメ、サンディー&サンセッツなど\ENレーベルに所属するアーチストの情報がはいってました。そしてゲルニカ\ENレーベルに所属していたのです。

このゲルニカの上野耕路さんが伊福部さんに指示を仰いでいたので伊福部さんのお名前を知ったわけなのです。

伊福部さん享年91歳。早坂さん享年41歳。半世紀の時を超え今、久々に楽しく語り合っていらっしゃるでしょうか。。。

伊福部さんのご冥福をお祈り致します。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

世界・わが心の旅(再)

今日も時折横殴りの雪が・・・本当に寒いです{{{{(T◇T)}}}} サム~イ

今朝NHK-BS2で「世界・わが心の旅 上海 魔都の残照」の何度目かの再放送がありました。

勿論、旅人は篠田さんです♪

1995年3月に放送されたこの番組。映画『スパイ・ゾルゲ』の中心人物となる尾崎秀実の上海での足跡などを訪ねた内容です。映画『スパイ・ゾルゲ』公開よりかなり前に放送されたこの時期にすでに核深部は出来上がっていたのですね。

それにしても今から11年前の篠田さん・・・すごくお若い☆ミ

何度も見てる番組なのに今回はじめて気付いたのが篠田さんがPAPASのジャケットを着てらしたということ。
PAPASと言えば嘉葎雄さん。嘉葎雄さんはPAPASのモデルをされてますからね
篠田さんもとってもお似合いでしたよ\(^O^)/

(*´ヘ`)=зハァ-11年前の映像ではなく最近の映像が見たいなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二月博多座大歌舞伎

昨日雪が降るなか月一回の病院へ。
そして雪がみぞれに変わるなかかなり足を伸ばして博多座へGO!

博多座の二月大歌舞伎は「中村鴈治郎改め 坂田藤十郎襲名披露公演」
昨日の私はまたも一幕見券で口上のみを鑑賞。
足を運べたら他の演目も見たいのですが・・・。
口上のみというのはやはり邪道でしょうね。
でもやっぱり私…口上が好きなんですね(^^ゞ

20060206122758一幕見席と言うのは3階席の端っこの一角なのですが博多座は3階でも比較的舞台がよく見れます。
スーパー歌舞伎などの宙吊りなんかもすごく間近で見れると思います。
そして“大向こう”さんの掛け声を間近で感じることが出来るんです。
今回は何だか“大向こう”さんの気合が入っていたように感じました。
人数も多かったし・・・
そして、口上の美術は篠田組でおなじみの朝倉摂さんが担当されています。
いつもどおり雀右衛門丈の口上から始まり片岡我當丈、中村魁春丈、中村東蔵丈、そして私の最大のお目当て市川左團次丈・・・何だかお客さんの期待している空気を感じました(^^)

そしてやはり出ました!私生活ネタ(笑)でも今回の左團次丈かなり噛んでました・・・プレッシャーに弱いのかな(^_^;)
左團次丈の次は中村富十郎丈、中村梅玉丈・・・この梅玉丈の口上がまるで早口言葉のように早いんです。でも左團次丈に負けず劣らず口上が面白いの。。。真面目な方かと思っていたので意外でした。
で、片岡秀太郎丈…ちょっとふっくらされました、中村時蔵丈…相変わらずお美しいです。
扇雀丈・翫雀丈のご子息2人は成駒屋から離れ山城屋となり身軽になった父をうらやみ、これからは自分たちが成駒屋を守っていく覚悟とユーモアを交えて話されていました。
最後は坂田藤十郎丈・・・艶やかです!お綺麗です!
これで上方歌舞伎は安泰・・・かな!?
ただ・・・上方の役者さんもご自宅が東京の方がほとんど。
今は片岡秀太郎丈と片岡愛之助丈のみが関西在住と聞きました。
できれば十三代片岡仁左衛門丈のように藤十郎丈も関西に住まれるといいな、と思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

津嘉山さんのお誕生日☆ミ

今日は津嘉山さんのお誕生日♪おめでとうございます☆彡

昨年の7月に脳こうそくで入院された時はほんと心配しましたがほとんど回復されているようですね ε-(^。^)ホッ

でも津嘉山さん・・・所属されていた青年座にお名前が無く心配しておりましたら座友になられたとのこと。

座友 ・・・(・_・?)...ん?

以下青年座の掲示板の抜粋です。

「座友」制度は劇団の演劇活動に多大な功績を残した座員が何らかの事情で劇団員としての日常活動に参加する事が出来なくなった場合もちいるものです。
「座友」として籍を残しその人の出番が生じた場合、劇団の公演に参加する事が出来る。つまり単なる名誉的なものではありません。したがってこれに該当する者はごく限られた得がたい存在でなければなりません。

ε=(´∇` ) はぁ~ こちらもひとまず良かったです♪

そして今日青年座のブログに行ってみますと、今日6日の日記で

昨日は「評決」の稽古場に津嘉山正種と津田真澄がやってきた。当然のように稽古終了後は飲み場で芝居の話になる。

もう飲みに行かれてると言うことは完全復帰でしょう\(^O^)/

5月の「 殺陣師段平」の舞台が楽しみですね(*^_^*)

津嘉山さん、お体大切に。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

監名会88回映画『五瓣の椿』

監名会(監督と共に名画をみよう会)の88回目の作品が『五瓣の椿』に決まりました。

映画『五瓣の椿』(1963年 松竹 野村芳太郎監督作品)
 

 出演:岩下志麻 田村高廣 加藤嘉 小沢昭一 左幸子ほか

 ゲスト:岩下志麻
 インタビュアー:石濱朗
 日時:2006年2月14日(火) 13:00開場 13:30開映
 会場:東京国立近代美術館 フィルムセンター 小ホール
 資料代:
会員・無料(招待状を受付にお出し下さい。代理の方のご出席でも結構です)
      当日入会できます NPO法人維持費 年間6,000円
      当日会員・1,500円


お申し込みお問合せ先 
   日本映画映像文化振興センター  TEL 03-3200-2118 

  詳細はこちら

いつも遊びに来てくださる麻美さんの情報です☆ミ
麻美さん、どうもありがとうございました<(_ _)>
それにしても・・・東京の方、うらやましいです(´ρ`)イイナ~

thanks麻美さん

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »