トップページ | 2006年2月 »

NHK知るを楽しむ

日付が今日に変わってすぐの0時19分、久々に地震がおきました。震度は3。短い揺れだったけど夜中の地震ってほんと嫌。

今日、母を待っている病院の待合室にTVがつけてあって偶然『NHK知るを楽しむ なんでも好奇心 瀬戸内寂聴「世阿弥の佐渡を歩く」』という番組を知りました。

寂聴さんが今度、能の創始者・世阿弥が佐渡に流された不遇の時代を本にされるそうでその取材を兼ね佐渡に世阿弥の足跡を求め歩いた番組の再放送でした。

世阿弥の著書は数多くあるそうなのですが佐渡に配流されてからの本はあまり無いそうなんです。

寂聴さんは今で言う人生の勝ち組だった世阿弥が70歳を過ぎてから佐渡に流されどんな気持ちだったか。突然このような試練にぶつかりどのように自分自身を励ましどのように人生を終えたか・・・非常に興味があるそうです。

私も寂聴さんと同じで人の生き様や死に様に非常に興味があります。世阿弥のように栄耀栄華を極めた人が70歳で(多分今の70歳よりも高齢に感じますよね。佐渡という土地も今よりずっと遠くに感じたと想います。期待の息子さんも暗殺され・・・)起こったこの悲劇にどうやって自分自身を奮い立たせ立ち向かったのかとても知りたくなり即、テキストを購入しました。幸いなことに今日は再放送の1日目だったので続けて見ていこうと思います。

Book なんでも好奇心 2005年12-2006年1月 (2005)

著者:瀬戸内 寂聴
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武満 徹 メモリアルコンサート

「武満 徹  メモリアルコンサート」

 日時:2006年2月3日(金)  19:00開演
 会場:札幌コンサートホールkitara 小ホール
 料金:S5,000円、A4,000円、学生A2,000円
 出演:お話/篠田正浩(映画監督)、池辺晋一郎(作曲家)
     お話、ギター/佐藤紀雄
          フルート、アルトフルート/木ノ脇道元
 プログラム:<第1部>鼎談「武満 徹について」
                  お話/篠田 正浩、池辺 晋一郎、佐藤 紀雄
                  <第2部>演奏~ギターとフルートによる
                  武満 徹:海へ
                  ピアソラ:タンゴの歴史
                  <第3部>鼎談「武満 徹と映画音楽」
                  お話/篠田 正浩、池辺 晋一郎、佐藤 紀雄
 お問い合わせ:Kitaraチケットセンター TEL(011)520-1234

※とっても気になるプログラムですが何せ札幌・・・(^_^;)お近くの方はどうぞ☆ミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッドナイト映画劇場

映画『涙を、獅子のたて髪に』

1962年 松竹 篠田正浩監督作品
2006年2月3日(金) NHK-BS2 1:00~2:33
出演:藤木孝、加賀まりこ、南原宏治、岸田今日子、早川保、山村聰 ほか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

密度の濃い3日間

今週は月曜から水曜までがあっという間。

だってのろさんが来福されていたんだもん♪

それもかなり密度の濃い3日間。。。

ゆっくりPCを開く暇もなく(^^ゞすっかりコメントの返信が出来なくてごめんなさい<(_ _)>

後追いというかたちになりますが追い追い23,24,25日の日記をアップしますので宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

のろ様、ご来福☆ミ ふたたび…其の参

さて今日はいよいよ小林竜雄さんとご対面☆ミ

佐賀からいらっしゃる西村先生と半日柳川に行かれていたのろさんとは本屋さんで合流。そして遅れて来られた小林先生ともごた~いめん♪
そして挨拶もそこそこにまずはお店へ。

そしてもう一人・・・今回この方を忘れてはいけません。
そう、この方・・・向田邦子さん大好きなAさんの為にそもそもこの席は設けられたのですから・・・。
と言うのも、小林先生は元々脚本家でいらっしゃって映画『もっとしなやかに、もっとしたたかに』でデビューされて以来『もう頬づえはつかない』『ホワイト・ラブ』 『マイ・ロード』などの作品がありますが・・・
向田邦子さんと公私共にとお付き合いがあって向田さんについての本を多く上梓されていらっしゃるのです。
その方に直接お話しが伺えるのですからもう天にも上るよう☆ミ
実は私も数年ほど前から、向田さんの生きざまが気になり先生のご著書「向田邦子 最後の炎」も持っておりましたのでもうo(*'∀')o ワクワクでした。

お店に着いてすぐ、そのAさんとも合流。

そして(*^◇^)/□☆□\(^◇^*) かんぱーい!

さっそく「向田邦子 最後の炎」のサインをしていただきました♪

実物の小林先生はとても穏やかな方で物腰もやわらかくとても優しくお話しをされます。
でもお話しを伺っていると作品同様、鋭い感覚の持ち主の方だな…と。
決して多弁ではないのですがぽつ、ぽつとおっしゃることがすごく的を得てる。
流石だと思いました。女性の心理をよく心得ていらっしゃるんですよね。
向田さんへの強い想いを訥々と語るその言葉から感じることが出来ました。
栃麺坊さん、何か質問はない?”と優しくおっしゃるのでついつい本の中身で気になったことをいろいろ聞いちゃいました。
その質問にも一つ一つ丁寧に答えてくださいました。
(篠田さんへの苦言には少々凹みましたが・・・(p_q) くすん)

そうだ!

小林先生、脚本を書かれた『もう頬づえはつかない』で桃井かおりさんを口説く役でご出演されているそうですよ。要チェックです(^^)!

最後に小林さん向田さんの『思い出トランプ』(新潮文庫)の水上勉さんの「向田さんの芸」と題された解説を絶賛されていました。
最後のほうの件にこう書かれている

“…私はこんど、よみかえしてみて、向田さんが、まだ、東京のどこかに生きてらっしゃるような錯覚をおぼえた。小説が生きるとはこういうことだろう。若い読者で、短編を勉強したい方があるなら、この『思い出トランプ』の一、二編を写してみられるといい。手頃の枚数だ。私のいっていることがよく理解されるはずだ。向田さんはつまり、そういう作品をのこしてなくなった。”

これほど素晴らしい向田さんに対するオマージュはないと・・・。
私、さっそく『思い出トランプ』を購入して読みました・・・なるほどでした(*゚∇゚)

あ~、西村先生のおかげで素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
本当に感謝です・・・ありがとうございました<(_ _)>
そして小林先生のろさんAさんもありがとうございました<(_ _)>

それでのろさんと博多駅でお別れする時、“じゃ~、また!”みたいな軽い挨拶で・・・明日早朝飛行機で東京に帰られる方とのお別れの挨拶ではありませんでしたね(^^ゞ
でももうそれだけ福岡のおなごと言っても違和感なくなっとりますばい♪
ほんとこの3日間濃密な時間を過ごさせていただきました。
さらに・・・

何と!今日は私がのろさんのブログに始めてお伺いして『はなれ瞽女おりん』のとこにコメントを書いた日からちょうど一年目の日なのでした(*'▽'*)わぁ♪
すべてはこの日から始まったんですよね~☆彡
人の縁ってわかんないもんですね~。
とにかく次回のご来福は水上勉特集ですね。お待ちしておりますよん♪のろさん☆ミ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

のろ様、ご来福☆ミ ふたたび…其の弐

さて今日は急遽決まった旅庵・松川屋さん行き♪
さらに今日は母の週2日の点滴の日だったりして・・・(~_~;)
今日一日きばって行きましょう( ̄0 ̄)〇!オー

昨年11月に病院を替わったもののあまりの患者数の多さに若干引き気味の私たち母娘。
とてもいい先生で熱心にお話しを聞いてくれるのですがその分一人一人の診療時間が長く、結果待ち時間が長くなるのです。一時間待ちなんてざらですから・・・。
でもね・・・日頃の行いがいいというのでしょうか(*^m^*)ムフフ 今日は点滴を含めて10時前に終了したのです\(^O^)/
一旦帰宅してバスと汽車を乗り継ぎ博多駅ののろさんの元にGO!
どうにか予定していた汽車にも間に合いましたε=(-∇-;)ホッ

汽車に乗ってしまえばこっちのもの(^^)v佐賀には特急で約30分で着きますからね・・・。
そしてラッキ~なことに今回西村先生がランチをご一緒してくださるとのこと☆ミ
お店に到着後、西村先生に黒澤映画の美術を担当されていた村木与四郎さんに設計を依頼されたという店内を説明していただきさ~てお待ちかねの松川鍋♪

まずは秘伝のだしにレモンを浮かべて飲んでみる・・・美味い!(*゚▽゚*)
お鍋好きの私にはたまりません(≧∇≦)
(・・?) ん? のろさんが何だか変・・・。
何とのろさん、昨日のランチのボディーブローがまだ尾をひいているのでした。
そののろさんを横目にひとりばくばくσ( ̄~ ̄) モグモグ...食べている私なのでした(~_~;)
そうそう板さんがこしらえたというごまどうふもこれまた美味でした(^^)

これから講座がおありになる西村先生とお別れしてのろさんとご近所散策を。
まずは徒歩で大隈重信旧宅・大隈記念館へ。
途中、講座でもよくお聞きしていた神代辰巳監督のご実家神代薬局を発見!
携帯カメラでお店を撮るも数日前から何か変なの。画像がぼやけるの・・・(;O;)
(のちに無意識に接写切り替えスイッチを押していたことが判明・・・^_^;)
と言うことで写真のアップはなしです(^^ゞ

大隈重信旧宅・大隈記念館を後にして次は佐賀城本丸歴史館
いつ見てもここの総畳敷きは圧巻です。
それにしてもいいお天気♪散策にもってこいのポカポカ陽気でした。

博多に戻ってからものろさんお泊りのホテルのお部屋にお邪魔して話し込みかなり長居をしてしまいました(^^ゞ 
のろさん
…ごめんなさいm(__)m

で、実は明日のろさんは東京に帰られる予定でした。
しかーし、明日西村先生のご友人で脚本家の小林竜雄さんが佐賀で講演をされるため来福。
のろさんにせっかくだから明日、先生が到着されてから夕食ご一緒しませんか・・・とのお誘い。
最初は戸惑いを隠せなかったのろさんでしたが結局一泊延長となったのでした(^^)
私もこんな機会は滅多にないと夕食をご一緒させていただくことになったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

のろ様、ご来福☆ミ ふたたび…其の壱

昨年、のろさんがご来福されてから5ヶ月ちょっと・・・何と!今回ものろさんは羽を休める旅先に福岡を選んでくださったんです\(^O^)/

のろさんは前日(21日)の東京の大雪をものともせず昨日から福岡入りされています☆ミ

あれ程ぐずついていたお天気がうそのように晴天となった一日。
私はのろさんとランチを一緒にすべく待ち合わせ場所へ・・・。
(・・?) ん?あの後姿は・・・やっぱりのろさんでした!
何だか雰囲気変わったな・・・でも、やっぱりそう(^^)!

さてランチは知人オススメの長崎馳走 手羽屋へ。
お部屋は一つ一つ区切られてまるで隠れ家のよう・・・のろさんとゆっくりとおしゃべりすることが出来ました。
が、しかーし・・・手羽屋だからと2人とも手羽屋ランチを頼んだのが運のつき。
お寿司に刺身に天ぷらに小鉢にデザートにコーヒーと凄いボリューム。
食べてる時は“ちょっと多いかな・・・”と思うぐらいだったのにボクシングのボディーブローのようにじわじわと響いてまいりました(;O;)

さて、今日はのろさんの今回の旅の目的!?PART1…映画の講座への参加。
今は「映画で読む 世界の文学」で今日はコナン・ドイルです。
昨年に引き続き西村先生の講座です。
昨年、西村先生はご自身のライフワークともいえるご著書黒澤明と早坂文雄―風のように侍はを上梓されました。
この本に感銘を受けたのろさんとその感想ブログに感激された西村先生の久々のご対面なのでした。

2時間の講座も終え、いつものお茶タ~イム♪
いつもの方々といつものお店で(^O^)/C□☆□D\(^_^ ) カンパーイ!
途中から西村先生も加わって楽しい時間(とき)を過ごさせていただきました。
西村先生が帰られ残ったメンバーでもう一軒((^┰^))ゞ テヘヘ

はじめて行くお店旬鮮酒場 天狗
お刺身が新鮮でコリコリしてて美味しいんだけどランチのボディーブローが今頃・・・(=_=)
それにしても永遠と続く会話。
みなさんのキャパの広さにただただ頭下がります<(_ _)>

しかしここに来て問題がひとつ。
今回の旅の目的!?PART2…西村先生のご実家、旅庵・松川屋にお食事へ行く♪
水曜日を予定してたのに何と定休日・・・<(≧0≦;)>オーマイガーッ
急遽、予定を繰り上げて明日行くこととなりました。
それではまた明日(^-^)ノ~~

そうそう、のろさんと別れて博多駅に向かう途中“号外!”と言う声。
(・・?) ん…何だ?”と受け取ってみると、何と! ホリエモン逮捕! の文字(@_@)
ビックリしました!
人生初の“号外”体験。即行、のろさんにメールしちゃいました(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

篠田さんの本情報

信仰の発見―日本人はなぜ手を合わせるのか Book 信仰の発見―日本人はなぜ手を合わせるのか

著者:石川 眞
販売元:水曜社
Amazon.co.jpで詳細を確認す

※税込価格 : 1,995円 (本体 : 1,900円)
  2006年1月発売
  篠田さんが現代における信仰や宗教について語っておられます。

一語一会―人生に効く言葉 Book 一語一会―人生に効く言葉

販売元:亜紀書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

※税込価格 : 1,470円(本体 : 1,400円)
  2005年5月発売
  朝日新聞夕刊連載で、好評を博した「一語一会」から78編を選び1冊に。
  …今日も暑うなるぞ(篠田正浩)

プロに訊け Book プロに訊け

販売元:丸善
Amazon.co.jpで詳細を確認する

※税込価格 : 1,575円(本体 : 1,500円)
  2006年2月発売
  BSデジタルラジオ461CHの番組「元気e!」が本になりました。
  第一章:今の仕事を頑張りたい人へ(篠田正浩)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

仰木監督「お別れの会」

今日、昨年12月15日呼吸不全のため70歳で亡くなられた仰木彬監督の「お別れの会」が神戸市のスカイマークスタジアムと仰木さんの出身地中間市のなかまハーモニーホールで行われました。

早いものでもうひと月ちょっと経つんですね。。。

何だか、人の死を受け入れられない自分に愕然としています。

私の友人も多分!?同じがんセンターで短い生涯を終えました。

彼女の死もいまだ受け入れられない…受け入れたくない自分がいます。

折に触れ思い出すんだけど、“最近会ってないけど元気してるかな?”という感じ。

でも受け入れてないはずなのに何だか虚しさだけが心に残ります。

この歳で死が身近になったことだけは確かです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

九州国立博物館へ行って来たよん♪

昨日、学生時代からの友人2人と九州国立博物館へ行って来ました\(^O^)/

昨年の10月16日、日本で東京・京都・奈良に次ぐ4番目の国立博物館として九州国立博物館が開館しました。

そして開館記念特別展第1弾の「美の国 日本」は1ヶ月ちょっとの間に入場者数44万人を動員しました。
あまりの盛況ぶりに行きたいと思いつつも延ばし延ばしになってとうとう年を越してしまいました(^^ゞ

今は元旦から公開されている開館記念特別展第2弾「中国 美の十字路」が催されています。

何十年ぶりかの太宰府。町並みは変わっているような変わっていないような・・・。
さ~、西鉄太宰府駅から天満宮参道を通って博物館へGO!

天満宮側のアクセストンネルは歩くエスカレーターでトンネル内は青や虹色の光がキラキラ☆ミしていてとても幻想的。

そうこうしているうちに駅から約10分で博物館へ。

何にもない山の中にバ~ンと近代的なでっかい建物。

16_1




“お~、これがテレビで見ていた博物館か・・・”

館内に入ってみると近代的な外観とはうって変わって木がたくさん使ってあって贅沢な作り・・・
更に、1F~4Fまでが吹き抜けになっており開放感いっぱい!
それにしても“広い(@_@)”そして“高い(@_@)”

22_1




昨年末ほどではないにしてもやはり平日にしてはかなり多い人。
それでも人をあまり気にすることなく館内を隈なく歩くことが出来ました。

3Fで開催されている「中国 美の十字路」展はアジアとヨーロッパの文化が融合していて独特の文化を醸しだしていました。
あの時代にこれほどの技術があったことにも驚くし、こんなにも保存状態がいいのにも驚きました。
仏さまもミロのヴィーナスみたいでした。

4Fは常設の文化交流展示室。
“海の道、アジアの路”と題し、どのように日本文化が形成されてきたかを5つのテーマで紹介しています。
この展示室の広いこと!ゆっくり周ると優に2時間以上はかかります。

広すぎて特別展と常設展を一回では周れませんね(どういうふうに周っていいのかわかり辛かったな。。。)あと1階には体験コーナーもあるし・・・。

ちと疲れましたばい(´~`;)
でもまた行きたいな♪

帰りも元来た道を戻りお決まりの梅ヶ枝餅を食べて帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秀どん、死す。。。

今こちらで再放送をやっている「あかんたれ」の成田屋主人秀吉(中村嘉葎雄)が病を得て亡くなってしまった(TヘT)

あまりに不憫で見てられない・・・。

これでもかこれでもかと次々に不幸が襲ってくる。そしてその〆が秀吉の死。

とうとう惚れあったお絹(中村玉緒)と一緒になれなかった。

秀どんもお絹さんもあまりに生真面目で愚直すぎる。

テレビを見ていてもどかしい・・・(ファンにはそこがいいのか!?)

今日も臨終の場にお絹さんは入れてもらえませんでした(ノ_・。)くすん

『鬼龍院花子の生涯』の夏目雅子のようにここ一発

“あんたら覚悟しいや!”

くらい言ってくれたら胸がすっとするのに・・・。

これからも秀太郎(志垣太郎)とずっと耐え忍んでいくのよね。。。

それにしても気位が高くネチネチと真綿を〆るように旦那を苛め抜くおヒサ(小山明子)と分家の治三郎(高田次郎)の憎々しいこと。

でも何で秀吉とおヒサは仲悪いのに子供が3人も授かってんだろう???

男女の仲って不思議だわ(・・?

もう若き日の凛々しい嘉葎雄さんのお姿が拝見できないんだわ・・・寂しい。

回想シーンで何度も出てこられるだろうけど・・・。

精神的にあわないのでしばらく見るのよそっと(その割には「あかんたれ」や「ぬかるみの女」などを見ている私・・・(^^ゞ)

そして私・・・この番組のおかげでしばらく“~だす”が抜けそうにないだす(~_~;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年もおめざフェア☆

今年もやって来ましたよ~♪

TBS系「はなまるマーケット」のなかの人気コーナー【はなまるカフェ】。

有名人や芸能人を招いてのトークコーナーなんだけど、そのなかでゲストが紹介する“おめざ”

その“おめざ”のなかでも人気の高かった逸品をより集めたのがおめざフェア☆

毎年、岩田屋本館で催されていて今年で5回目(私は3回目。。。)で、今日は最終日です。

重ねて大丸では大京都展(こちらは明日まで)があっているので天神は結構賑わってました。

いやいや最終日とあって10時ちょっと過ぎと言うのにすごい人(@_@)

シュークリームや手羽先唐揚は早くも40分待ち・・・(~_~;)

で、私はその列を横目にマイペース☆彡

まずはお目当てのシフォンケーキ♪

東京・駒場にあるpiyoko。ここのオレンジシフォンケーキがが絶品。加えて今回はスノーホワイトシフォンなるものが登場。これがまた天然レモンの香りと低カロリーでもっちりとした食感が最高!

そしてこちらも私も定番。東京・築地丸武江戸前玉子焼。テリ-伊藤さんのご実家として有名ですよね。

で、今回私のお気に入りに加わったのが東京・四谷の妻家房パチヂミ。これはほんと美味でした~(^。^)

今回も満足♪満足♪

左からpiyokoのオレンジシフォンケーキ・スノーホワイトシフォン、丸武の江戸前玉子焼、妻家房のパチヂミ

P74_1  Shfsnow_white_1 P53 Imageo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近の篠田さん☆ミ

最近の志麻さんのご活躍はとっても嬉しい♪

でも・・・篠田さんはどうしてらっしゃるんだろう?
う~ん、気になる。

で、ちょっと篠田正浩でネットサーフィン☆

すると今年に入っての篠田さんのことが少しわかりました\(^O^)/ワ~イ

まずは8日に「ミズノ創業100周年記念事業スポーツ・シンポジウム」に参加。基調講演をされた模様。

そして11日は「日本映画製作者協会」の新年会にゲストとして参加。
篠田さん・・・こちらの協会を退会された模様。と言うことはやはり復帰は・・・。
ちゃんと理解しているつもりでもちょっとの望みがあっただけに相当ショック。
でもね、プロデューサーkeiko姉さんの部屋のブログを読ませて頂いてほんと元気が出たの。

やっぱり篠田さんは素敵☆ミ

何てジェントルマンだろう・・・。
何事もさり気なく振舞える篠田さんはほんとの大人の男性。
それでいて少年のような心を持っている・・・。
あ~やっぱり理想の男性だわ~。
至福の時間(とき)を過ごされたkeiko姉さんが羨ましいわ。。。
keiko姉さん、素敵なエピソードほんとにありがとうございました\(⌒-⌒)/

でも、篠田さんがお元気でよかった(^^)
今年こそは絶対に篠田さんにお会いするぞ~p( ̄0 ̄)/オ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

またやっちゃいましたo(> <)o

最近…志麻さんの情報がたくさんで浮かれていたら・・・やっちゃいました。。。

年末31日、NHKでやってる「あの日 昭和20年の記憶」の最終回。

何と!篠田さんだったんです (≧σ≦)ショック!!

えーん 。°°(≧□≦)°°。悔しい~!

戦後60年、昭和20年を体験した各界の著名人に、
この年の一日一日をいかに過ごし、何を思っていたのか、
当時の新聞を見ながら語ってもらう。

というコンセプトだったので要チェックだったのに(/_;)

どうやら再放送も終わった模様で・・・ガックリです・・(||__)/・・

再々放送お願いしますよ・・・NHKさん (^人^)オ・ネ・ガ・イ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

象印夫人のおみやげ

みなさんは象印夫人のおみやげ(壁紙)をお持ち帰りになられたことがありますか?

最近はパソコンが不具合を起こしやすいので壁紙を設定しておりませんが最初はずっと篠田さん♪その後は志麻さん♪最後は美輪明宏さん!?を設定しておりました。

美輪さんの壁紙は友人から美輪さんのクリープのCMの壁紙を設定するとご利益があるらしいよ・・・と聞きクイズに挑戦!GET…設定させていただきました。さらに美輪さんが夢に出てくるともっとご利益があるとか・・・でも夢に出てきたのは美輪さんではなく何故か志麻さんなのでした(~_~;)雰囲気似てると思うんですがみなさんいかがでしょう?

我こそは挑戦!と思われる方は“ゲットしてごらんなさい。”からどうぞ(笑)

随分話がそれましたが象印夫人の中で私がもっとも気に入っているのは唯一のお洋服ヴァージョン。

ご自宅でくつろがれている志麻さんはこうじゃないかな・・・と思えるからです。

みなさんはどのヴァージョンがお気に入りでしょう?

ちなみに最新版は“携帯待ち受けヴァージョン”です。ここなっつさんに教えていただきました。

thanks ここなっつさん

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年も古本市

1月ももう12日というのに恒例の古本市がうちの近くのショッピングモールで行われていました。

(゚ー゚)ん?確か5日までだったはず・・・。

どうやら好評だったので延長したようです。

たくさん置いてある古本屋さんと違ってちょうどよい量の古本が置いてあるので短時間で隈なく見て歩けるのが嬉しい♪

ほんとにいろんなジャンルの本があるんだな~と感心しきり。

読みたい本がたくさんだ~どうしょう・・・「(´へ`;ウーム

で、本日のお買い上げは・・・

「別冊歴史読本 徳川三〇〇藩血族総覧」 (新人物往来社)

「六世笑福亭松鶴はなし」 (岩波書店) 戸田学編

です。

満足!満足!♪ルン(^∇^*)(*^∇^)ルン♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日は佳き日

今日はとっても暖かい一日だった。

何だか最近心がモヤモヤしていて気持ちが晴れない(×_×;)

何をしてもため息ばかり・・・(*´o`)=зハァ-

でも、何とかしなくちゃ!

とりあえずお買い物に行こっと♪

レジに並んだ・・・清算してもらってる最中、ふと雑誌のコーナーを見ると「TVガイド」。

買わなきゃ・・・。

お買い上げ3,333円。

レジの女の人と顔を見合わせて笑った(^O^)v

何か少しだけど嬉しい気分なった☆ミ

今日Seesaaからお引越ししてきました☆彡

内容的には全然変わらないと思いますが これからもどうぞ宜しくお願い致します<(_ _)>

| | コメント (10) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »