« のろ様、ご来福☆ミ ふたたび…其の弐 | トップページ | 密度の濃い3日間 »

のろ様、ご来福☆ミ ふたたび…其の参

さて今日はいよいよ小林竜雄さんとご対面☆ミ

佐賀からいらっしゃる西村先生と半日柳川に行かれていたのろさんとは本屋さんで合流。そして遅れて来られた小林先生ともごた~いめん♪
そして挨拶もそこそこにまずはお店へ。

そしてもう一人・・・今回この方を忘れてはいけません。
そう、この方・・・向田邦子さん大好きなAさんの為にそもそもこの席は設けられたのですから・・・。
と言うのも、小林先生は元々脚本家でいらっしゃって映画『もっとしなやかに、もっとしたたかに』でデビューされて以来『もう頬づえはつかない』『ホワイト・ラブ』 『マイ・ロード』などの作品がありますが・・・
向田邦子さんと公私共にとお付き合いがあって向田さんについての本を多く上梓されていらっしゃるのです。
その方に直接お話しが伺えるのですからもう天にも上るよう☆ミ
実は私も数年ほど前から、向田さんの生きざまが気になり先生のご著書「向田邦子 最後の炎」も持っておりましたのでもうo(*'∀')o ワクワクでした。

お店に着いてすぐ、そのAさんとも合流。

そして(*^◇^)/□☆□\(^◇^*) かんぱーい!

さっそく「向田邦子 最後の炎」のサインをしていただきました♪

実物の小林先生はとても穏やかな方で物腰もやわらかくとても優しくお話しをされます。
でもお話しを伺っていると作品同様、鋭い感覚の持ち主の方だな…と。
決して多弁ではないのですがぽつ、ぽつとおっしゃることがすごく的を得てる。
流石だと思いました。女性の心理をよく心得ていらっしゃるんですよね。
向田さんへの強い想いを訥々と語るその言葉から感じることが出来ました。
栃麺坊さん、何か質問はない?”と優しくおっしゃるのでついつい本の中身で気になったことをいろいろ聞いちゃいました。
その質問にも一つ一つ丁寧に答えてくださいました。
(篠田さんへの苦言には少々凹みましたが・・・(p_q) くすん)

そうだ!

小林先生、脚本を書かれた『もう頬づえはつかない』で桃井かおりさんを口説く役でご出演されているそうですよ。要チェックです(^^)!

最後に小林さん向田さんの『思い出トランプ』(新潮文庫)の水上勉さんの「向田さんの芸」と題された解説を絶賛されていました。
最後のほうの件にこう書かれている

“…私はこんど、よみかえしてみて、向田さんが、まだ、東京のどこかに生きてらっしゃるような錯覚をおぼえた。小説が生きるとはこういうことだろう。若い読者で、短編を勉強したい方があるなら、この『思い出トランプ』の一、二編を写してみられるといい。手頃の枚数だ。私のいっていることがよく理解されるはずだ。向田さんはつまり、そういう作品をのこしてなくなった。”

これほど素晴らしい向田さんに対するオマージュはないと・・・。
私、さっそく『思い出トランプ』を購入して読みました・・・なるほどでした(*゚∇゚)

あ~、西村先生のおかげで素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
本当に感謝です・・・ありがとうございました<(_ _)>
そして小林先生のろさんAさんもありがとうございました<(_ _)>

それでのろさんと博多駅でお別れする時、“じゃ~、また!”みたいな軽い挨拶で・・・明日早朝飛行機で東京に帰られる方とのお別れの挨拶ではありませんでしたね(^^ゞ
でももうそれだけ福岡のおなごと言っても違和感なくなっとりますばい♪
ほんとこの3日間濃密な時間を過ごさせていただきました。
さらに・・・

何と!今日は私がのろさんのブログに始めてお伺いして『はなれ瞽女おりん』のとこにコメントを書いた日からちょうど一年目の日なのでした(*'▽'*)わぁ♪
すべてはこの日から始まったんですよね~☆彡
人の縁ってわかんないもんですね~。
とにかく次回のご来福は水上勉特集ですね。お待ちしておりますよん♪のろさん☆ミ

 

|

« のろ様、ご来福☆ミ ふたたび…其の弐 | トップページ | 密度の濃い3日間 »

コメント

★なんか..........栃さん&のろさん......すごい人脈がおありになることに、今頃.....気づいている私.......(‥!)遅い??

 そして、こんなお二人が、まだ知り合って1年なんて.......
 びっくりですよん!!

 向田さんの作品は、TVしか拝見したことないので、是非著書の方も読んでみようと思いました!

投稿: kon | 2006年1月30日 (月) 10時12分

★栃麺坊さん 怒涛の3日間お疲れ様でした

栃麺坊さんがいなければ、西村先生にお会いすることも
小林先生にお会いすることもなかったわけですから、
のろは栃麺坊さんに足を向けて寝る事は出来ません!!
ありがとうございます(#^.^#)

Aさんや講座のみなさんとの出会いにも、改めて感謝です♪♪
のろは本当に幸せモノ☆彡

あの席で『はなれ瞽女おりん』や『あかね雲』の話をして大正解でしたね。
4月からのラインナップに水上さんを加えていただくことができたのは
ラッキーでした\(^o^)/
栃麺坊さんとのろへ1周年記念のプレゼントかな???
で・・・のろもまた行くと!!!(笑)

今日、友人のikuyoちゃんとランチをしたのですが、
「のろのブログはどうせアップしてないと思ったから、
栃麺坊さんのところで読んできた」
と言われてしまいました^_^;
のろもそろそろ重い腰を上げねばです!

栃麺坊さん♪♪ 
1年前にナンパしてくれてありがとね(●^o^●)
“福岡のおなご”希望ののろでした.。o○

投稿: のろ | 2006年1月31日 (火) 00時13分

★konさん そう言えば・・・

そう言えば凄い方々とお近づきになっているんですよね。
人脈はきっと私よりのろさんのほうが凄いと思いますよん。
でも人との出会いって不思議ですよね。いつかkonさんとも是非!お逢いしましょうね☆彡

私はドラマより向田さん自身に興味があったんですがドラマと向田さんの実生活がオーバーラップした作品も多いようですよ。

投稿: 栃麺坊 | 2006年1月31日 (火) 23時56分

★のろさん いらっしゃいませ~PART3

この出逢いは偶然でもあり、必然でもあった訳ですよ。
私ものろさんが博多にいらしてなかったらこういう展開になっていなかったと思いますよ(^^)!

本当に素敵な方々ばかりで私もほんと幸せです♪
みなさんは私の心のオアシスですから。。。

昨日の新年会でも“日本文学のほうがいい”との声が。先生ったら一番に水上さんの名前をあげてらっしゃいましたよ(~_~;)
遠藤周作さんもやって欲しかったな~。
ラインナップが発表されたら即メール致します(^^)ゝ

いくちゃんさんにもお越しいただいているのですね。。。いくちゃんさん、宜しくです

ナンパが成功したのはのろさんが初めてですよ~ん♪
これからもよろしくね(^_-)~☆

投稿: 栃麺坊 | 2006年2月 1日 (水) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25948/541358

この記事へのトラックバック一覧です: のろ様、ご来福☆ミ ふたたび…其の参:

« のろ様、ご来福☆ミ ふたたび…其の弐 | トップページ | 密度の濃い3日間 »